さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり:さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】
和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり
大地の小判農場
Pages

徳川家康

2009年12月 1日 松田 | | コメントを見る(0)

 

徳川家康の名言
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。 急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なく心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基 怒りは敵と思え。
勝つ事ばかりを知って負くる事を知らざれば害その身に至る。
おのれを責めて人を責むるな。
及ばざるは過ぎたるより優れり。
徳川家康について
徳川 家康(とくがわ いえやす、天文11年12月26日(1543年1月31日) - 元和2年4月17日(1616年6月1日) )は、日本の戦国大名・江戸幕府の初代征夷大将軍。幼名は竹千代。死の直前、武将として史上4人目の太政大臣に叙せられている。徳川王朝の開祖であることから、太祖、祖宗とも呼ばれる。
小牧・長久手の戦いで10万の秀吉軍相手に互角以上の戦いをしたことから、当代一の軍略家の一人であり、関ヶ原の戦いでの相手への裏工作から、謀略なら秀吉や信長より上なのではないかと思われるほどに長けている。このことをしめす言葉として、家康のあだ名の「狸爺」がある。ただし彼が謀略家としての本質を発揮しだしたのは秀吉の死後であり、それまでは策謀の片鱗も見せず今川義元、織田信長、豊臣秀吉に対し、馬鹿正直なほどの律義者を貫いたことに留意する必要がある。果たしてそれが愚直さゆえによるものなのか、長年にわたる演技であったのかについては意見が分かれる所である。 
江戸幕府の開府に始まる江戸時代は264年に渡って続き、日本に長き太平の世をもたらした。家康はその始祖として称えられ、今も日光東照宮をはじめ全国に東照大権現として祀られている。 
上記コンテンツはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました。
浜松城には、徳川家康公の立派な銅像ががざられています。
浜松へ来た方は、是非一度お立ち寄りください。

徳川家康の名言


人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。 急ぐべからず。


不自由を常と思えば不足なく心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。


堪忍は無事長久の基 怒りは敵と思え。


勝つ事ばかりを知って負くる事を知らざれば害その身に至る。


おのれを責めて人を責むるな。


及ばざるは過ぎたるより優れり。


徳川家康について

徳川 家康(とくがわ いえやす、天文11年12月26日(1543年1月31日) - 元和2年4月17日(1616年6月1日) )は、日本の戦国大名・江戸幕府の初代征夷大将軍。幼名は竹千代。死の直前、武将として史上4人目の太政大臣に叙せられている。徳川王朝の開祖であることから、太祖、祖宗とも呼ばれる。


小牧・長久手の戦いで10万の秀吉軍相手に互角以上の戦いをしたことから、当代一の軍略家の一人であり、関ヶ原の戦いでの相手への裏工作から、謀略なら秀吉や信長より上なのではないかと思われるほどに長けている。このことをしめす言葉として、家康のあだ名の「狸爺」がある。ただし彼が謀略家としての本質を発揮しだしたのは秀吉の死後であり、それまでは策謀の片鱗も見せず今川義元、織田信長、豊臣秀吉に対し、馬鹿正直なほどの律義者を貫いたことに留意する必要がある。果たしてそれが愚直さゆえによるものなのか、長年にわたる演技であったのかについては意見が分かれる所である。 

江戸幕府の開府に始まる江戸時代は264年に渡って続き、日本に長き太平の世をもたらした。家康はその始祖として称えられ、今も日光東照宮をはじめ全国に東照大権現として祀られている。 

上記コンテンツはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました。


浜松城には、徳川家康公の立派な銅像ががざられています。

浜松へ来た方は、是非一度お立ち寄りください。

 


はままつ祭りの歴史

2009年11月25日 松田 | | コメントを見る(0)

皆さん 浜松祭りは、ご存知でしょうか?

 

浜松まつりの始まりは、一説によると今からおよそ430余年前の永禄年間(1558~1569年)に、
当時の浜松を治めていた引間城主の長男誕生を祝って城中高く凧を揚げたことが、
凧揚げの起源であると言われていますが、記録としては定かではありません。記録に残っているものとしては、寛政年間(1789~1800年)の記録に凧の記述がみられます。
「遠州のからっ風」と呼ばれる強い風が吹くこの地は、気候的にも凧揚げに好条件であり、子供の誕生を祝う「初凧」の伝統は、浜松まつりとして現在までこの地に根付いています。

 町民自らの手で生まれた浜松まつり。それが、遠州地方が遠州灘から強い風が吹き、凧揚げには絶好の場所だったことと、東西の文化の合流地点だったことで、さらに盛んになっていきます。
相良・横須賀・袋井など多くの凧がありますが、浜松は特に盛んです。浜松藩には24か町の職人の町があり、伝馬・塩・鍛冶・元魚・田・連尺・大工・紺屋・肴・旅籠・板屋等の町が、後の凧揚げの中心を担う町になったのです。
江戸時代に定着したといわれている浜松まつりは、明治に入ってさらに活気を帯びてきます。
今では浜松まつりに欠かせない初凧・凧合戦が本格化したのも明治20年頃で、長男が生まれたらその子の成長を願って凧を揚げる初凧の風習は、遠州地方に広がっていったそうです。

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11