さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり:さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】
和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり
大地の小判農場
Pages

小豆餅と銭取

2010年1月17日 やま | | コメントを見る(0)

小判ちゃんの語るむかし話し

きょうは徳川家康のおはなし、「小豆餅と銭取」です。

 

 

 

今は、むかし。

これもまた三方原合戦で、家康がまけたときのものがたりです。

時は元亀三年(1572)の十二月、徳川家康は三方原で、

甲斐の武田信玄と戦いました。

このとき、武田の兵は三万人、 家康の兵はわずか一万一千人といわれます。

武田ぜいに追われた家康は、 「なに、いくさはまけるが勝ちだ。」 と

浜松城さして逃げだしました。

ところが家康は、とちゅうでもうすっかりおなかがへってしまい、

あるく力もなくなりました。

 

b_kasiazukimoti.jpg

 

ふとかたわらを見ると、道ばたの小さい茶店で おばあさんが

あずきもちを売っています。 家康はもうたまらなくなって、

「おい、もちをくれ、いくらだ。」 というが早いか、もう口の中へ二つ三つ。

おばあさんはおどろいて、 「一つ、三文じゃ。」

家康はおかまいなく、また三つ四つ口にほうばりました。

 

bkasizenitori.jpg

 

 

すると、そのとき、 「わあっ、わあっ。」 と武田ぜいの声です。

家康はあわててにげだしました。

おばあさんはびっくり、あとを追いかけて、 「まて、やい、ただぐいはゆるさん。」 と、

家康にくってかかると、「や、これはすまん。」 と大いそぎで銭をはらったといいます。

 

b_azukimoti01.jpg

 

 

このとき、あずきもちを食べたところが「小豆餅」、

銭を払ったところが「銭取」といまも地名として残っています。

 

b_zenitori.jpg

 

 

「おじいさんが語る昔ばなし 浜松の伝説」  より

 

小豆餅の地名は今も残っていますが、

銭取はバスの停留所の名前として残っているのみです。

「小豆餅」と「銭取」というお菓子もあります。

んのん芋 安納いも 安納芋 五郎島 ムラサキ芋 むらさき芋 紫芋 あんのう芋 蜜姫 みつ姫

 

市民体験農園

2010年1月 6日 松田 | | コメントを見る(0)

あけましておめでとうございます。

 

市民体験農園を、9月スタート予定で準備中です。

画像など、最新の情報は、次回アップ予定。

申し込みは、市役所農政課へお問い合わせください。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11