さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり:さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】
和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり
  • ホーム
  • さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり: 検索結果

タグ「鴨江寺」が付けられているもの

小判ちゃんが語る昔話  (芋ほり長者)

2009年12月22日 やま | | コメントを見る(0)

《今回は芋ほり長者のおはなし》

 

b_kotizu01.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、むかし。  かもえの里のほとりに、いたって信心深い若者が住んで

いました。

この若者は貧しいけれども働き者で正直もの、 毎日近くの山で山いもをを

ほったりして、ようやくその日を送っていました。

ある秋の夕がた。

山からもどって来た若者が、手足を洗っていると、

「お願い申します。お願い申します。」 といって、ひとりの若い女が若者の家の

戸を、ほとほとたたき、 「わたしは旅のもの、道にまよってこまっています。

おなさけでひとばんとめてくださいませ。」 と申します。

若者はこころよくしょうちして、やがてふたりはろばたにすわって話しあいました。

 

b_kamoejinohi.jpg

 

 

「わたしは、都のもの。日ごろ信心するかんのんさまがゆめのなかで、

『これを持って東の国へ行くがよい。かならずしあわせがまっている』 と申され、

目がさめるとこの玉がまくらもとにありました。」 と、娘が青く光る玉を

とり出しました。

これを見た若者はおどろいて、 「あっ。わしもそれと同じ玉をかんのんさまから

いただいてもっている。」 と、数年まえに、かもえのかんのん堂のそばで、

山いもをほっていたとき ほり出した青い玉を娘に見せました。

なんとふしぎ、それは少しもちがわないみごとな玉です。

 

b_kamoekannon.jpg

 

 

これこそかんのんさまのおひきあわせと、それからふたりは夫婦になり、

一生けんめいはたらいたのでしあわせがつづき、里の人たちからは

「芋ほり長者」とよばれるようになりました。

これもみんなかんのんさまのおめぐみと、この長者が建てたのが、

かもえ寺だということです。

 

b_kamoejinorekisi001.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ものがたりは「おじいさんが語る昔はなし浜松の伝説」より。 画像は鴨江寺ホームページより )

 

大地の小判農場
Pages