さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり:さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】
和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり
  • ホーム
  • さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり: 検索結果

タグ「鳴門金時」が付けられているもの

はままつ祭りの歴史

2009年11月25日 松田 | | コメントを見る(0)

皆さん 浜松祭りは、ご存知でしょうか?

 

浜松まつりの始まりは、一説によると今からおよそ430余年前の永禄年間(1558~1569年)に、
当時の浜松を治めていた引間城主の長男誕生を祝って城中高く凧を揚げたことが、
凧揚げの起源であると言われていますが、記録としては定かではありません。記録に残っているものとしては、寛政年間(1789~1800年)の記録に凧の記述がみられます。
「遠州のからっ風」と呼ばれる強い風が吹くこの地は、気候的にも凧揚げに好条件であり、子供の誕生を祝う「初凧」の伝統は、浜松まつりとして現在までこの地に根付いています。

 町民自らの手で生まれた浜松まつり。それが、遠州地方が遠州灘から強い風が吹き、凧揚げには絶好の場所だったことと、東西の文化の合流地点だったことで、さらに盛んになっていきます。
相良・横須賀・袋井など多くの凧がありますが、浜松は特に盛んです。浜松藩には24か町の職人の町があり、伝馬・塩・鍛冶・元魚・田・連尺・大工・紺屋・肴・旅籠・板屋等の町が、後の凧揚げの中心を担う町になったのです。
江戸時代に定着したといわれている浜松まつりは、明治に入ってさらに活気を帯びてきます。
今では浜松まつりに欠かせない初凧・凧合戦が本格化したのも明治20年頃で、長男が生まれたらその子の成長を願って凧を揚げる初凧の風習は、遠州地方に広がっていったそうです。

 

 

大地の小判農場
Pages