さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり:さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】
和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり
大地の小判農場
Pages

スマートシティとは (持続可能エネルギー)

2011年8月29日 松田 | コメント(0)

2011-08-29

スマートシティ、スマートコミュニティってなに?

スマート・シティとは、一般的な広義の解釈では、持続可能で、地球環境に優しいエネルギー循環消費を実現した都市のことを指す。ここで、持続可能なエネルギーとは、新たなテクノロジや手法を使い、また地球環境に優しいということで、CO2削減を目指している。

新たなテクノロジや手法によりエネルギー効率を高め、大幅なCO2削減を目指す都市です。

世界各地で 「スマートシティ」の実証実験が始まっています。
日本でも、乗り遅れないように頑張ってほしいですね。
アラブ首長国連邦の「マスダール・シティ」、オランダの「アムステルダム・スマートシティ」、中国の「天津エコシティ」などがあり 200を超えるプロジェクトが世界中で進行しています。

日本のようにすでに完成している都市と、後進国のようなゼロから都市開発ができる環境下でのスマートシティ化では、その分類も分かれています。
その種類には、「新都市型」と「再開発型」に分類する方法があります。相馬市では、震災の影響で都市が壊滅的打撃を受け、新都市型の開発が進んでいるようです。
しかし、今後 既存の都市を開発するに当たり、再開発型が多くなることは、想像にたやすいです。
新都市型の都市開発で培ったノウハウを活かし、日本全国のエネルギー問題を少しでも改善していただきたいです。

 

 

 

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)