さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり:さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】
和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり
大地の小判農場
Pages

七草粥

2010年1月 7日 やま | コメント(0)

寅年も、もう七日たちました。

 

b_toratora.jpg

 

 

今日は一月七日、七草粥の日ですね。

七草粥の由来

七草は人日の節句(一月七日)の朝に、七種の野菜が入った羹(汁物)を食べる

風習のこと。  人日の風習を小正月の風習が混ざり、一月七日に  ”七草粥”

が食べられるようになったと考えられるとの事。

 

b_nanakusa.jpg

 

 

 春の七草

芹(せり)        ・・・・・ 芹

薺(なずな)      ・・・・・ ぺんぺん草

御形(ごぎょう)     ・・・・ ははこぐさ

繁縷(はこべら)    ・・・・ はこべ

仏の座(ほとけのざ) ・・・・ こおにたびらこ

菘(すずな)      ・・・・・ かぶ

蘿蔔(すずしろ)    ・・・・ だいこん

 

この七種の野菜を刻んで入れた粥を七草粥といいます。

邪気を払い万病を除く占いとして食べるのです。

呪術的な意味ばかりではなく、御節料理で疲れた胃を休ませ、

野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養を補う 効能もあります。

 

b_nanakusagayu.jpg

 

 

七種は、前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を 歌いながら包丁で叩き、

当日の朝に粥に入れます。

囃し歌は鳥追い歌に由来するものであり、これは七種粥の行事と、

豊作を祈る行事が結びついたものと考えられています。

歌の歌詞

「七草なずな、唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に

、あわせて、バタクサバタクサ」

 

地方により、多少の違いがあるようです。 この遠州地方では

一般的にどのように 、歌っているか分りませんが。

我が家では最後のところは

「ストトン ストトン ストトントン」    でした。

 

b_imogayu.jpg

 

 


コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)