さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり:さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】
和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり
大地の小判農場
Pages

遠州の空っ風

2009年12月 8日 やま | | コメントを見る(2)

日は 遠州名物空っ風” のお話しです。

静岡県西部の地域で冬に吹く強い西風と言えば「遠州の空っ風」

この空っ風の出発点はシベリア大陸。西高東低の冬型の気圧配置になると、

高気圧から流れ出す北西からの冷たい風が強まります。

 

b_huyunihonnrextutou.jpg

 

 

この風が日本海を渡って、日本にやって来ます。

静岡県西部だけ風が強いのは、西部には北側に高い山がないため、

日本海側からの風が流れ込みやすいからです。

空っ風の主なルートは日本海から岐阜県の関ヶ原周辺を抜けた風が

愛知県内を通って静岡県西部にやってきます。

この遠州の空っ風は冬型の気圧配置がゆるんでくる3月ころまで吹き抜けます。

 

b_nitusyoujikan.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、浜松市は年平均気温 15.7度と、年較差があまり大きくない温暖な気候です。

年間日照時間は2.132時間と長く、全国トップクラスの日照量を誇ります。

年間降水量は1.880㎜前後で夏期に多く、冬の積雪はほとんどありません。

この冬の時期に西寄りの季節風が強いことが特徴です。

この西寄りの季節風が ”遠州の空っ風” と呼ばれるものです。

さて、この空っ風が吹き始めるのを待っいるのが、小判チャンです。

それは、「干し芋」 作りのためです。 「干し芋」作りにはこの空っ風と太陽が必要です。

この浜松地方はまさに「干し芋」作りには最適な土地柄なのです。

遠州の空っ風と太陽で

美味しい、美味しい小判チャン「干し芋」

が出来上がります。

 

b_soratoki.jpg

 

小判チャンが語る昔ばなし

2009年12月 6日 やま | | コメントを見る(3)

今日のおはなしは 【三方原の根洗い松】というお話しです。

 

≪三方原の根洗い松≫

 

今はむかし。

ざっと。千百年あまりむかしのおはなしです。

ここは、ひろい、ひろい、三方原の北のはずれ、

やがて祝田の坂と言うあたりに、ひとりのおばあさんが、

いまにも枯れようとしている松の根もとに、しょんぼりとたたずんでいました。

 

b_houdanosaka .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとそこを通りかかった旅のお坊さんがありました。

「ばあさまや、そんなところで、なにをしょんぼりしておいでかの。」

旅のぼうさまが、たずねました。

すると、おばあさんは、そのわけをはなしました。

「 はい、ごらんのとおり、この松は、すんでんに枯れるばかり。

けれども、あたりには一てきのみずもなし雨も降らず、

松をたすけたくともどうするてだてもありませぬ。」

「 おお、それはかわいそうじゃ。草木とてもいのちはあるもの、

よしよし、わしがいま、たすけてあげましょうぞ。」

 

b_nearainomatu.jpg

 

 

おぼうさまは、手にしたつえを、

とん

と、地につきさしました。

それから、静かにお経をとなえはじめました。

すると、つえの下から、清らかな水がこんこんとわきでてきました。

おぼうさまが、そのわき水で松の根をあらったかと思うと、

みるみるうちに、枯れかかった松は生きかえって、

みどりのいろがひときわあざやかになりました。

 

b_mikatabara.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きかえった松は、それからもますますさかんにのびて大きくなったそうです。

あとで、その旅のおぼうさまが、弘法大師というえらい人だとわかり、

それからのちはだれいうとなく、

この土地を清水、松を根洗い松とよぶようになったということです。


(「浜松の伝説」より、編著 渥美 実  ひくまの出版より)


1  2  3