さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】 和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり:さつまいも 干し芋なら【大地の小判】三方原産 美味しいお茶が手軽に飲める【ヤマキの水出し煎茶】
和歌山県北山村 じゃばら果汁もあり
大地の小判農場
Pages

小判ちゃんが語る昔話  (芋ほり長者)

2009年12月22日 やま | | コメントを見る(0)

《今回は芋ほり長者のおはなし》

 

b_kotizu01.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、むかし。  かもえの里のほとりに、いたって信心深い若者が住んで

いました。

この若者は貧しいけれども働き者で正直もの、 毎日近くの山で山いもをを

ほったりして、ようやくその日を送っていました。

ある秋の夕がた。

山からもどって来た若者が、手足を洗っていると、

「お願い申します。お願い申します。」 といって、ひとりの若い女が若者の家の

戸を、ほとほとたたき、 「わたしは旅のもの、道にまよってこまっています。

おなさけでひとばんとめてくださいませ。」 と申します。

若者はこころよくしょうちして、やがてふたりはろばたにすわって話しあいました。

 

b_kamoejinohi.jpg

 

 

「わたしは、都のもの。日ごろ信心するかんのんさまがゆめのなかで、

『これを持って東の国へ行くがよい。かならずしあわせがまっている』 と申され、

目がさめるとこの玉がまくらもとにありました。」 と、娘が青く光る玉を

とり出しました。

これを見た若者はおどろいて、 「あっ。わしもそれと同じ玉をかんのんさまから

いただいてもっている。」 と、数年まえに、かもえのかんのん堂のそばで、

山いもをほっていたとき ほり出した青い玉を娘に見せました。

なんとふしぎ、それは少しもちがわないみごとな玉です。

 

b_kamoekannon.jpg

 

 

これこそかんのんさまのおひきあわせと、それからふたりは夫婦になり、

一生けんめいはたらいたのでしあわせがつづき、里の人たちからは

「芋ほり長者」とよばれるようになりました。

これもみんなかんのんさまのおめぐみと、この長者が建てたのが、

かもえ寺だということです。

 

b_kamoejinorekisi001.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ものがたりは「おじいさんが語る昔はなし浜松の伝説」より。 画像は鴨江寺ホームページより )

 

冬至    12月22日(火)大安

2009年12月16日 やま | | コメントを見る(0)

12/22は冬至で昼の時間が一年で一番短い日ですね。

 

b_toujitaiyou.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬至の日は世界各地で冬至祭をして、

太陽の力が最も弱まった日を

無事に去ったことを祝う日です。

クリスマスも起源は冬至祭とか。

冬至はゆず湯とかぼちゃといわれますね。

 

b_yuzu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の冬至は

ゆず湯とさつま芋「小判ちゃん」風邪を撃退!

「大地の小判」の小判ちゃんは如何ですか。



★★小判ちゃんの寒さを乗り切る保存法

さつま芋は寒がちょっと苦手。

♪♪ 新聞紙などに包んで、段ボールにいれ

部屋の片隅において置いてください。


★注意事項★

★ビニール袋は避けてください、蒸れて傷みやすくなります。

★冷蔵庫でも保管は避けてください。

低温での保存は低温障害を起こし、逆に腐敗してしまいます。

 


 

b_toujiyuuhi.jpg

 

1  2  3